掘りコタツにした場合の工事費用

完成

 

 

施工前

 

 

 

養生費・片付け費 1.00 4,500
現場外搬出費(軽トラ使用) 土・コンクリガラ 人工 1.00 15,000
機材費 削岩機 1.00 5,000
土間コンクリ打ち 材料費・人工工賃 1.00 18,000
廃材処分費 1.00 3,000
掘座卓(3尺x6尺) 関西間 2.00 300,000
掘座卓取付け工賃 人工 1.00 15,000
電気配線工事 1.00 25,000
畳表替え 8.00 5,500

729,500円(税別)

 

 

 

沖縄では、中々無い工事ですが私が経験した工事の中でも面白かった工事の一つです。
掘りゴタツをお考えの方は工事費用をご参考にご検討下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お住まいに関するご相談は、

(株)あうん工房へ

通話料無料のフリーダイヤル
☎0120-72-4152  まで

お気軽にご連絡下さい♪

ホームページに施工事例を掲載しています。
↓  ↓  ↓  ↓
https://aunkoubou.com/

どうぞ、ご参考にされてみてください(*^^)

防水工事費用  外壁塗装費用

 

 

 

 

 

 

施工後

 

施工前

 

防水工事 ㎡/3,400円税別(水洗い・補修・防水工事含む)

*数量によって異なる場合もある(運搬及び諸経費は別途)

 

屋上・ベランダ防水工事 ¥639,200円 税別     (¥690,336円)税込

屋上・ベランダ水洗い費 機材費・人工工賃 188.00 100
クラック処理・補修費 材料費・人工工賃 188.00 150
屋上・ベランダ防水工事 材料費・人工工賃 188.00 3,150

 

 

 

施工後

 

施工前

 

外壁足場工事 ㎡/800円税別

外壁塗装工事 ㎡/1,600円税別(水洗い・補修・防水工事含む)

*数量によって異なる場合もある(運搬及び諸経費は別途)

 

 

 

足場+外壁塗装工事 ¥1,193,600円 税別      (¥1,289,088円)税込

足場損料(ネット込み) 材料費・人工工賃 500.00 800
水洗い清掃費 機材費・人工工賃 496.00 100
クラック処理・補修費 材料費・人工工賃 496.00 150
補修・塗装工事 材料費・人工工賃 496.00 1,350

 

 

沖縄のコンクリ-ト造の外壁塗装の費用と屋上・ベランダ防水の費用です。

建物が古くなると気になりますよね。

一緒に出来れば良いのですが、予算の都合上どちらかを先に工事する場合は、防水工事をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

お住まいに関するご相談は、

(株)あうん工房へ

通話料無料のフリーダイヤル
☎0120-72-4152  まで

お気軽にご連絡下さい♪

ホームページに施工事例を掲載しています。
↓  ↓  ↓  ↓
https://aunkoubou.com/

どうぞ、ご参考にされてみてください(*^^)

 

 

 

 

 

 

ユニットバスの取替費用

完成
033
施工前
002

ユニットバスの取替工事(1216タイプ)

(税別 770,000円)税込み831,600円

 

養生費・片付け費 式 1.00 7,000
解体費 人工 2.00 15,000     30,000
現場外搬出費 人工 1.00 15,000
廃材処分費 回 1.00 12,000
ユニットバス 伸びの美容室・組立費込み 台 1.00 500,000   定価=643,800-
設備配管工事 式 1.00 60,000
電気配線工事 式 1.00 30,000
間仕切り壁造作工事 大工工賃 人工 2.00 15,000  30,000
材料費(内部壁材料費) 式 1.00 20,000
枠塗装工事 式 1.00 10,000
運搬及び諸経費      式    1.00 56,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お住まいに関するご相談は、

(株)あうん工房へ

通話料無料のフリーダイヤル
☎0120-72-4152  まで

お気軽にご連絡下さい♪

ホームページに施工事例を掲載しています。
↓  ↓  ↓  ↓
https://aunkoubou.com/

どうぞ、ご参考にされてみてください(*^^)

リフォーム費用を支援してくれる!?補助金を活用しよう。

自治体がリフォームを支援する制度

国土交通省が実施した平成25年度の地方自治体のリフォーム支援制度は次のようなものがあります。

  • バリアフリー化
  • 省エネルギー化
  • 環境対策
  • 防災対策

耐震診断・耐震改修の支援制度

旧耐震基準(1981年6月に強化された建築基準法の耐震基準より前の基準)の木造住宅の耐震改修は、国の緊急課題です。

国土交通省が、平成25年4月時点の耐震診断・改修に対する補助制度の整備状況を調べたところ、

1,422の市区町村で耐震診断の補助制度を、1,348の市区町村で耐震改修の補助制度を設けるなど、多くの地方自治体で制度を用意していました。

前提として、事前に地方自治体が認定している耐震診断を受けたうえで、改修が必要と診断された場合の耐震改修に支援を行うのが一般的。

支援の内容は、耐震診断費用や耐震設計費用、耐震改修費用などに補助金を出すケースが多くなっています。

なお、一部の自治体では、非木造住宅やマンションなども対象にしているケースもあります。

その他にも様々な支援制度がある

耐震改修関連以外で多いのが、

(1)バリアフリー化

(2)省エネルギー化

(3)環境対策

です。

省エネのリフォームは、減税制度では「窓の改修」が中心でしたが、

地方自治体の支援制度では、太陽光発電設備や高効率給湯器、燃料電池などの省エネ・創エネ機器の設置なども対象になるケースが増えます。

自治体独自の制度以外の優遇制度もある

 

介護が必要になった場合は、住宅のバリアフリー化は緊急課題です。

そのために要支援・要介護の認定を受けた人には、介護保険で改修工事費用の20万円を限度に(うち9割、1割は自己負担)支給されます。

また、国際的に地球温暖化対策が求められるなか、国は家庭で省エネに効果がある設備などを設置する場合の補助金の制度に予算を付けています。

例えば、太陽光発電、HEMS(※)、蓄電池の設置などです。

ただし、年度ごとの予算によるものなので、常時利用できるとは限りません。

※ホームエネルギーマネジメントシステム(Home Energy Management System)。

住宅内のエネルギー消費の見える化や最適化を図る仕組み。

2014年度で利用できる優遇制度としては、2013年度に始まった林野庁の「木材利用ポイント」もあります。

住宅の木質化リフォームに限定されますが、上限で30万円相当分のポイントが発行されるものです。

なお、補助金などの予算枠のあるものについては、予算管理が必要となるため、事前申請や承認が必要になるなどの注意点もあります。

申請額が予算枠に達する見込みになると、早期に受付を終了する場合もあるので、こまめに確認をする必要があるでしょう。

 

 

 

お住まいに関するご相談は、

(株)あうん工房へ

通話料無料のフリーダイヤル
☎0120-72-4152  まで

お気軽にご連絡下さい♪

ホームページに施工事例を掲載しています。
↓  ↓  ↓  ↓
https://aunkoubou.com/

どうぞ、ご参考にされてみてください(*^^)

「想定してなかった!」を防ぐ、リフォーム追加費用防止法

リフォームの実情

リフォームの費用ってどれくらいの費用がかかるかわからないし、

基本工事以外に、追加工事になることもあり、予算オーバーになってしまったなんてことも聞いたことがあるかもしれません。

はじめのリフォーム業者との話し合いできちんと説明をうけて、見積もりをしてもらい、納得いく契約をしましょう。

どれが契約内の工事で、どのようなことがあったら追加工事が必要になるのか、きちんと打ち合わせの時にチェックしておきましょう。

ここで紹介するのは、想定してなかった追加のリフォーム費用が発生しないように、打ち合わせの際に聞いておきたいポイントをまとめます。

同じ表現でも解釈が異なる場合も!

例えば塗装工事の見積もりを3つの業者に依頼したとします。

いずれの業者も見積もり書の工事名には「塗装工事」と書いてありますが、それぞれの業者によって解釈が異なる場合があります。

例えばA社は「外壁及び屋根の塗装(雨樋の塗装を含む)」を「塗装工事」と表現し、

B社は「外壁のみの塗装」を「塗装工事」と表現し、

C社は「外壁及び屋根の塗装(雨樋は含まない)」を「塗装工事」と表現する場合があります。

ここでこのような違いが出るのは、業者によって提供するサービスの範囲が異なっているためです。

しかし、そうだとしても、きちんと打ち合わせをして、入念に確認をしておけば防げるものです。

業者さんとの打ち合わせの際は漠然と伝えるのではなくて、どうしてほしいのかきちんと伝えるようにしましょう。

別途工事として扱われやすい作業

 

  • 塗装工事の際の、屋根や雨樋などの塗装作業
  • 浴室工事の際の、給水・給湯管交換、排水管交換作業
  • キッチン工事の際の、給水・給湯管交換、排水管交換、ガス工事作業

リフォーム業者としっかり相談

リフォーム業者はプロとはいえ、実際に工事しないと見えてこない部分も多数あります。

例えば、住宅内部の老朽化の程度は完全に見抜くことは不可能です。

そこで、見積もり金額に含む工事と含まない工事をしっかり聞き出すことが大事です。

良心的なリフォーム業者さんは、この想定外の追加費用が発生しないように事前にきちんと説明したり、

また想定される追加費用を予め見積もり書に加えて説明してくれたりします。

リフォームの見積もりの額が安い業者で、このような想定が計算されていない業者さんに頼んでしまって、

リフォーム作業途中に、いきなり追加料金になると言われるよりも、

追加工事や費用についての説明をきちんとしてくれる良心的な業者さんを選ぶことも大事です。

その上で、リフォーム業者へ要望をきちんと説明し、見積書についてわからないことがあれば

しっかりと尋ねて、お互いの認識を一致させる努力をしましょう。

沖縄でのマンションリフォーム費用の相場・目安

マンションてリフォームの相場を知る

リフォームは頻繁に行うものではないので、リフォーム価格の相場や目安が分かりにくいものです。

できるだけ安く済ませたいけど、手抜き工事になっては困りますよね。

相場がわかれば頼みやすいものです。

ただ、リフォーム費用は、マンションの状況や間取りによって異なり、

どのマンションの場合をとっても全く同じ工事はありません。

ですので、あくまで目安であることは注意して下さい。

マンションリフォーム費用の相場や目安を知って賢くリフォームを計画していきましょう。

外まわりのリフォーム

  • バルコニー・ポーチのリフォーム費用(マンション):50~100万円

居室のリフォーム

  • 居間・リビングのリフォーム費用(マンション):50~100万円
  • 食堂・ダイニングのリフォーム費用(マンション):50~100万円
  • 寝室(洋室・和室)のリフォーム費用(マンション):50~100万円
  • 玄関のリフォーム費用(マンション):20~50万円

水まわりのリフォーム

  • キッチン・台所のリフォーム費用(マンション):100~150万円
  • トイレのリフォーム費用(マンション):20~50万円
  • 浴室・お風呂のリフォーム費用(マンション):50~100万円
  • 洗面のリフォーム費用(マンション):20~50万円

その他のリフォーム

  • 賃貸マンションのリフォーム費用(マンション):~50万円
  • 全面リフォームのリフォーム費用(マンション):300~400万円
  • スケルトンリフォーム費用(マンション):400~500万円
  • 中古マンションを買ってリフォームの費用(マンション):100~200万円

リフォーム費用は目安通りにいくの?

リフォームはマンションの間取りや状況などによって異なります。

どのリフォームをとっても全く同じリフォームはありません。

なので、リフォーム費用はあくまで目安であり、

実際にリフォームしたら相場より安くつくこともあれば、

素材にこだわったり、規格外のサイズのリフォームだったりすると相場より高くなることもあります。

実際にどれくらいの費用になるかは信頼できるリフォーム業者さんときちんと相談することが大切です。

実際にはいくらかかるのかな?

実際にどれくらいの費用がかかるのかは、現地調査が必須です。

リフォームはオーダーメイド。

施工内容やマンションの状況によってかかる費用が異なります。

だけど、「軽く相談してみたい」とか「いきなり業者さんがマンションに来られても困る」など、

ちょっと気が引けるなあと感じる方も多いのではないでしょうか?

そんな方には次の方法がおすすめです。

まずは軽く相談してみたい人のために。

軽くリフォームの相談をしたい人のために、メールで問い合わせができます。

「キッチンをリフォームしたいけどどのような工事工程になるのか?」

「二世帯住宅にしたいのだけど工期はどれくらいかかるのか?」

「こんな部屋だけど内装を変えたらどれくらいの費用かかるのか?」など、

メールで簡単にお問い合わせいただけます。

リフォームのことは一人で悩まずに、まずは軽く相談してみてください。

メールで相談する

すぐに相談してみたい人のために。

すぐに相談したい方には、電話でお問い合わせいただくのが一番。

すぐに質問できて、すぐに答えが返ってくるからやりとりが楽々です。

リフォームのことは一人で悩まず、まずは相談。

 

 

沖縄でリフォームするなら

信頼できるリフォーム業者「あうん工房」にご相談ください。

通話料無料:0120-72-4152

お住まいに関するご相談は、

(株)あうん工房へ

通話料無料のフリーダイヤル
☎0120-72-4152  まで

お気軽にご連絡下さい♪

ホームページに施工事例を掲載しています。
↓  ↓  ↓  ↓
https://aunkoubou.com/

どうぞ、ご参考にされてみてください(*^^)

 

 

沖縄での戸建てリフォーム費用の相場・目安

戸建てリフォームの相場を知る

リフォームは頻繁に行うものではないので、リフォーム価格の相場や目安が分かりにくいものです。

できるだけ安く済ませたいけど、手抜き工事になっては困りますよね。

相場がわかれば頼みやすいものです。

ただ、リフォーム費用は、家の状況や間取りによって異なり、どの家の場合をとっても全く同じ工事はありません。

ですので、あくまで目安であることは注意して下さい。

戸建リフォーム費用の相場や目安を知って賢くリフォームを計画していきましょう。

外まわりのリフォーム

  • 外壁のリフォーム費用(戸建):50~100万円
  • 屋根のリフォーム費用(戸建):50~100万円
  • 外構・エクステリアのリフォーム費用(戸建):50~100万円
  • バルコニー・ポーチのリフォーム費用(戸建):50~100万円

居室のリフォーム

  • 居間・リビングのリフォーム費用(戸建):50~100万円
  • 食堂・ダイニングのリフォーム費用(戸建):50~100万円
  • 寝室(洋室・和室)のリフォーム費用(戸建):50~100万円
  • 玄関のリフォーム費用(戸建):20~50万円

水まわりのリフォーム

  • キッチン・台所のリフォーム費用(戸建):100~150万円
  • トイレのリフォーム費用(戸建):20~50万円
  • 浴室・お風呂のリフォーム費用(戸建):100~150万円
  • 洗面のリフォーム費用(戸建):20~50万円

その他のリフォーム

  • 増築のリフォーム費用(戸建):100~1500万円
  • 全面リフォームのリフォーム費用(戸建):1000万円
  • 中古戸建てを購入してリフォーム費用(戸建):~200万円
  • 二世帯リフォーム費用(戸建):1000万円~

リフォーム費用は目安通りにいくの?

リフォームは家の間取りや状況などによって異なります。

どのリフォームをとっても全く同じリフォームはありません。

なので、リフォーム費用はあくまで目安であり、

実際にリフォームしたら、相場より安くつくこともあれば、

素材にこだわったり、規格外のサイズのリフォームだったりすると相場より高くなることもあります。

実際にどれくらいの費用になるかは信頼できるリフォーム業者さんときちんと相談することが大切です。

実際にはいくらかかるのかな?

実際にどれくらいの費用がかかるのかは、現地調査が必須です。

リフォームはオーダーメイド。

施工内容や家屋の状況によってかかる費用が異なります。

だけど、「軽く相談してみたい」とか「いきなり業者さんが家に来られても困る」など、

ちょっと気が引けるなあと感じる方も多いのではないでしょうか?

そんな方には次の方法がおすすめです。

まずは軽く相談してみたい人のために。

軽くリフォームの相談をしたい人のために、メールで問い合わせができます。

「キッチンをリフォームしたいけどどのような工事工程になるのか?」

「二世帯住宅にしたいのだけど工期はどれくらいかかるのか?」

「こんな部屋だけど内装を変えたらどれくらいの費用かかるのか?」など、

メールで簡単にお問い合わせいただけます。

リフォームのことは一人で悩まずに、まずは軽く相談してみてください。

メールで相談する

すぐに相談してみたい人のために。

すぐに相談したい方には、電話でお問い合わせいただくのが一番。

すぐに質問できて、すぐに答えが返ってくるからやりとりが楽々です。

リフォームのことは一人で悩まず、まずは相談。

 

 

沖縄でリフォームするなら信頼できるリフォーム業者

「あうん工房」にご相談ください。

通話料無料:0120-72-4152

 

お住まいに関するご相談は、

(株)あうん工房へ

通話料無料のフリーダイヤル
☎0120-72-4152  まで

お気軽にご連絡下さい♪

ホームページに施工事例を掲載しています。
↓  ↓  ↓  ↓
https://aunkoubou.com/

どうぞ、ご参考にされてみてください(*^^)

資金計画の豆知識

知らないと損をする?!

ほとんどの方が家を購入する際には住宅ローンの相談をすると思います。しかし銀行の担当者が「他の銀行の方が安いですよ。」なんてことを勧めてくれることはまずないでしょう。銀行にとって一番儲かる商品こそ、住宅ローンなのです。自分たちの利率の良い商品が一番のオススメというわけです。全国には実に5,000以上もの住宅ローンの種類があるのです。

5,000以上の住宅ローンからどれを選べば良いのでしょうか?

お客様が損する住宅ローンの組み方とは、もちろん、お客様が利息をたくさん支払う住宅ローンです。これは一般的に3年~5年などの短期固定金利などを指します。金融についてあまり知らないお客様は、ほとんどのかたがこのいずれかの商品に興味を示します。住宅ローンを1件獲得すると年収の5~6人分を銀行が儲かることになります。
お客様が得するローンは、利息をなるべく少なくする住宅ローン、つまりフレキシブルに金利の変更が可能な商品です。100年に1度の大不況といわれている昨今。そのため低い金利で推移していますが、これがいつまで続くかは誰にもわかりません。このような時代に住宅ローンを組むのであれば、今後の金利高騰を考慮し、低金利時に有効な長期固定金利のローンの方が消費者にとって安心・安全といえます。必ずしも銀行や住宅メーカーが推奨する住宅ローンが最適とは限りません。

人生で一番大きな買物とは?

一般的に人生で一番大きな買い物とは?と尋ねれば、ほとんどの方が住宅と答えます。しかし、厳密にいえば住宅ではなく、住宅ローンなのです。例えば、2,500万円の住宅を購入したとします。多くの方はほとんど必ず住宅ローンを利用します。住宅を住宅ローンで購入するということは、2,500万円の住宅を3,000万円で手に入れるのか、4,000万円で手に入れるのか、1億円以上で手に入れるのか。この実際の住宅価格との価格差は住宅ローンの選択の差に他なりません。もちろん、住宅価格と住宅ローンの差が少ない方が消費者にとって断然お得です。

金利1%で、なんと730万円の差 !!

住宅を購入しようとする決め手は、ほとんどの場合「家がほしい」という欲求よりも、「住宅ローンを支払っていける見込みがある」という意思によります。そのために、理想の住宅像があっても少なくとも妥協が出てくるのが現実です。
しかし、資金計画の知識がしっかりと身につけば、妥協することなく、思い通りのプランを実現できます。例えば、3,000万円の住宅を購入するのに、金利3.0%で組むのと、4.0%で組むのとでは、たった1.0%の差しか有りませんが、35年返済でその差を比較すると、なんと730万円もの差が出てくるのです!資金計画をしっかりしておけば、その浮いたお金を有意義に活用できるはずです。住宅ローンの選択は非常に重要であることはおわかりいただけると思います。

「家賃」と「住宅ローン」は比較の対象ではない

家賃の決定要因は、需要と供給です。借りたい人が増えれば家賃は上がり、いなければ埋めるために下がります。ほとんどの場合金利の影響はうけません。
しかし、住宅ローンは最も金利の影響を受けます。例えば7万円で返済を始めた場合、当初元金が2万円で5万円が利息であるとします。住宅ローンの種類によっては、返済途中で金利が上がった場合、2万円だったはずの元金が1万円減り、5万円だったはずの利息が6万円の利息に増えるということも現実にあり得ます。これだと当初組んだ住宅ローンよりも返済が増えてしまう計算になります。このように、今支払っている家賃と同額で住宅ローンを組むのとでは、リスクが大きいということです。

マイホーム購入の際の注意点

住宅を購入するに際して、家計の見直しも重要です。実はマイホームの次にお金を使うものとして生命保険があげられます。自身の家庭にあった保険に加入しているかも重要です。根拠のある保障額の設定で1ヶ月の支出を少しでも抑えて住宅ローンを少しでも早く返済することも可能です。

生命保険のかけ過ぎ、かけまちがい

実は、生命保険を正しくかけている方はほとんどいません。一世帯あたりの生命保険料は平均で月額58,860円にもなります。おおむね家族4~5人です。年間にすると生命保険だけで70万円以上支払っていることになります。それを理解せずに保険に加入されている方がほとんどです。月々いくらしか住宅ローンを払えないという固定観念を捨てて、しっかりと保険を見直すことで金額を捻出できる可能性があります。

 

沖縄でリフォームするなら

信頼できるリフォーム業者「あうん工房」にご相談ください。

通話料無料:0120-72-4152

お住まいに関するご相談は、

(株)あうん工房へ

通話料無料のフリーダイヤル
☎0120-72-4152  まで

お気軽にご連絡下さい♪

ホームページに施工事例を掲載しています。
↓  ↓  ↓  ↓
https://aunkoubou.com/

どうぞ、ご参考にされてみてください(*^^)